国家資格者による厚生労働省公認の医療施設(接骨院)です

体のおつらい部分をご相談下さい

交通事故・スポーツ外傷・肩こり・腰痛・膝の痛み・睡眠障害・冷え性・骨盤調整

温活・自律神経調整・捻挫・挫傷・打撲・脱臼・骨折

スタッフのブログ

5月22日 水曜日 今日は午前だけの診療になります。

入間市 やわらぎ整骨院 井口です。

本日 水曜日8:00~12:00まで受け付けています。

我慢しないですぐにいらして下さい!!

 

我慢しないで!!!

薬を飲まずに 頭痛解消!!

入間市 やわらぎ整骨院 井口です。

本日も午前中だけで4名、頭痛が緩和せずに来院され

本院の治療で何もなかったかのように笑顔でお帰り頂きました

我慢せずに早めに治療しましょう。

鎮痛剤の連続服用

入間市 やわらぎ整骨院 井口です。

痛み止めとして処方されるロキソニンも

 

聖路加国際病院 臨床准教授

水野 篤 医師 によると

痛み止めとして処方されるロキソニンも

家族が処方されたものを使う人もいるのですが、困りものです。

ロキソニンはここ数年で一気に広がりましたが、なかには定期的に飲んでしまう人がいる。

実は解熱作用もあるので、感染症などの発熱も抑えてしまうこともあります。

本来は常用する薬ではありませんので、

あくまでその時の症状を抑える薬であると考えてもらえればと思います。」

私見では有りますが、鎮痛剤を常用し服用量が増えてしまったり

解熱作用により平熱まで下がってしまい、免疫力の低下をおこしかねません。

薬に頼らず 痛みの出にくい身体作りを目指しましょう!!

お手伝いさせて頂きます!!!

「便秘」が死の引き金に いきむと血圧急上昇

入間市 やわらぎ整骨院 井口です。

夕刊フジの記事から

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000015-ykf-soci

便秘は女性特有な物では有りません

いきんで脳の血管をなんてしゃれになりませんよね。

無理せず、薬に頼らず 是非 スッキリ便秘解消施術を受けて下さい!!

 

超美味しい食パン

入間市 やわらぎ整骨院 井口です。

狭山市サンセリテ 6:35着

ここの職人見習いに、
#ミニバス 時代から、ことある事に通ってた患者さんが居ます。
今は21歳
「自分のお店を開いて、#美味しいパン を皆さんに食べてもらうために頑張ります」
って言いながら朝2:00~働いてます。
長時間労働でも #ブラック なんて一言も言いません
「院長先生も昔から同じですよね」
とっても嬉しい一言をもらいました。
#世界一 #美味しい #食パン
頂きます。(^o^)